オシャレな住宅

外壁リフォーム工事

張替えが増えています

ここ数年、塗り壁の良さが見直されてきています。家の外壁はだいたい10年に1度のペースでリフォーム工事を実施していないと、ドンドン傷みが進んでいってしまいます。外壁の傷みが進むと見栄えがとても悪くなるのはもちろんのこと、壁自体が有している防水性能や断熱性能も衰えてしまいます。でも、適切な時期にきちんとリフォーム工事を実施するようにしていれば、長くその性能を保ち続けることができるようになります。従来は、傷んでしまった外壁の塗装工事を実施するケースが大半だったのですが、最近、単に塗装するのではなく、外壁を張り替えて塗り壁にするリフォーム工事をする人が増えてきました。塗り壁には、サイディング壁にはない独特の風合いがあるため、ここのところ人気を集めています。

高機能塗料について

塗り壁の人気が高まっているとはいえ、壁を張り替えるリフォーム工事を行うということになれば、それなりに高額の費用がかかります。まず、古い外壁を全て撤去するところから工事が始められますので、その作業費が余分にかかります。もちろん、撤去した古い外壁を処分するための費用も必要になりますので、かなりの出費を覚悟する必要があります。そのため、多くの人は塗装工事のみで外壁リフォームを済ませています。ただし、近年になって、高機能塗料がたくさん登場してくるようになったため、値段は高いものの、プラスアルファの機能が付加された塗料を用いる人が増えています。塗料の種類を変えるだけで、家の断熱性能を格段にアップさせたり、家の周囲の空気をキレイにしたりすることができるため、今後は高機能塗料を用いるケースが増えるだろうと予想されています。

フェンス

エクステリアの中には、後から整備した方がいいものと当初から整備しておく方がいいものがあります。隣接地とのフェンスについては、初めから整備しておく方が、隣接地の方との関係を悪くしないためにも、いいでしょう。

Read More

エクステリア

エクステリアは実際に住んでみないと必要性が分かりません。新築当初はできるだけ必要最低限のエクステリアにとどめ、実際に住んでみてから、必要に応じてリフォームすることが、効率的なエクステリアのつくり方です。

Read More

費用を抑える

エクステリアのリフォームは、一度に全体を発注せずに、気になるところから行っていくことができる点が、大きなポイントです。しかし、コストを下げて、統一感のあるエクステリアにするためには、タイミングを合わせることも重要です。

Read More